介護には向き不向きが確実にありますね。私の実父は介護に向いている人だと尊敬しています。

介護には向き不向きが確実にありますね。私の実父は介護に向いている人だと尊敬しています。

私は福祉施設で働いています。
一緒に働いているスタッフは、看護師よりも介護士のほうが多いですね。
どの施設でも同じだと思いますが、介護士を中心に仕事が回っている感じです。
以前は、介護の仕事をしている人は、ほとんどが女性だったのではないでしょうか。
しかし、最近では、男性の介護士もかなり増えて来ています。
介護の仕事は体力が必要なんですが、男性は女性に比べると体力がありますから、助かる部分は沢山ありますよね。
でも、やっぱり仕事が大雑把で、細かい部分に目が届かない感じがします。
女性のほうが細やかだなと感じていますね。

私の母親は、脳梗塞の後遺症で、現在は寝たきりの生活を送っています。
誤嚥性肺炎を何回も繰り返していますし、今は経管栄養です。
夜間もオムツ交換が必要なので、家族みんなで母の介護をしています。

私は看護師という仕事柄、夜勤もあるので、父が主に母の介護をしていますが、不平などは一度も言った事がなく、いつも笑顔です。
父は、今までは母さんに苦労をかけてきた分、これからは自分が母さんの面倒を看る、と言っています。
決して無理しているのではなく、心から母の事を思い介護をしているんです。

私は、そんな父を尊敬しています。
私は、結婚しているので、同居ではなく近くに住んでいるのですが、私が心配する必要もなく、掃除や洗濯、
食事もマメに行っているんです。
父は、定年退職を期に介護に専念するようになったんですが、こんなに家庭的なところがあるところは、
見た事がありませんでした。

父は、特に介護について勉強したわけでもなく、知識も何もないんですが、向き不向きがあるのか、しっかりとこなしています。
在宅介護が難しく、施設に入所するといったケースが多いですよね。
でも、父は、施設に入所させるつもりは全くないようです。
私は父を支えていこうと思っています。

2014年2月12日|