看護師を辞めたいと思う時はありますか?

看護師を辞めたいと思う時はありますか?

私は、看護師になって17年目になりますから、今やベテランの域に入っています。

看護師になってからというもの、辛い仕事ばかりで、人間関係のトラブルもあり、看護師を辞めたいと思った時は数えきれない程あります。

私は、看護師は人の命を救う事ができる、とても素晴らしい仕事、人の役に立つ事ができる仕事、というイメージを持っていて、この仕事に憧れを持っていました。

でも、実際には、どんなに辛い治療を続けても亡くなってしまう方が多く、新人看護師の頃は、患者さんの死を割り切る事ができなくて、とても苦しい思いをしました。

さっきまで笑って会話をしていた患者さんの突然の死、まだまだ将来がある若い方の死、
数えきれない患者さんの死を目の前にしてきました。

人間は強いものだと思っていたんですが、看護師になって、患者さんの死と遭遇する事で、人間の命の脆さを知ってしまった感じがします。

看護師は患者さんの家族ではありませんが、毎日顔を合わせて接していると、家族のような思いになってくるんです。

そんな患者さんの死を目の当りにするのは、とても苦しいです。

でも、看護師としての経験を積んで、責任の重い仕事を任されるようになり、忙しく働いていると、患者さんのステルペンも業務の一つのようになってきたんです。

そんな自分に気がついた時に、人間として大切なものを失ってしまった感じがして、とてもショックでした。

患者さんの死に鈍感になってしまい、当たり前のように思えてきてしまったんです。

人間としてこんな事でいいのかなと思ってしまい、看護師を辞めたいと思いました。

看護師を辞める事で、人間としての大切な物を取り戻す事ができるような気がしたんです。

でも、そんな事を考えた私は看護師転職サイトに救われ、今でも看護師を続けています。

2014年11月 6日|