看護師パートのデメリットは?

看護師パートのデメリットは?

看護師が常勤で働く場合、業務内容がハードで不規則な勤務となる為、ママさんナースにとっては、厳しい働き方です。
その為、出産するまでは常勤で働いていても、仕事に復帰する際には、パートで働き始める方が沢山います。
あまりにも長く職場から離れていると、仕事へ復職する事ついての不安が大きくなります。
たとえパートでも、働いていればブランクの不安はなくなります。

しかし、パートというのは時間の融通が利くというメリットがある反面、デメリットもあります。
パートというのは常勤に比べると保証がありません。
福利厚生からして大きな違いがありますし、社会保険などもありません。
社会保険に入る事ができれば、出産一時金やいろいろな手当を受ける事が出来ますから、安心して働く事ができます。
それに、パートの場合産休や育児休暇などの有給休暇がありませんから、仕事を休めばその分給料も少なくなります。

給料面でも大きな違いがあります。
パートは、ボーナスや退職金の制度がありませんから、常勤と同じように働いていたとしても、
年収に換算するとかなり差が出てしまいます。
どんなに長期に渡って働いていても、退職金がでませんから、長い目で見るとデメリットは大きいですよね。

このようなデメリットから見ても、パートは安定した働き方とは言えません。
しかし、生活環境によっては常勤で働く事が難しいケースは多々あります。
いくら常勤で働くほうがメリットが多いとは言っても、無理して働くようでは身体を壊してしまう可能性も出てきてしまいます。
やはり、デメリットも良く把握した上で、自分のスタイルに合わせた働き方をする事が大切だと思います。
パートで働いていても、常勤に変更する事ができますから、無理をしない事が大切です。

2014年2月28日|