看護師をしていて良かった~と思う瞬間は何ですか?患者さんが笑顔で「ありがとう」って言ってくれると疲れも吹き飛びます!(^^)!

看護師をしていて良かった~と思う瞬間は何ですか?患者さんが笑顔で「ありがとう」って言ってくれると疲れも吹き飛びます!(^^)!

看護師になろうと決めてから、看護師の資格を取るまでの道のりは、決して楽な物ではありませんでした( ;´Д`)

大学に進学した同級生が毎日遊んでいる中、必死で勉強し、実習の度に大量の書き物に追われ...。

やっとの思いで資格をとっても、さらに病院に就職してからは、泣きたくなるような日々の連続でした(T ^ T)

新人のうちは、何かと注意され、なかなか手技を覚えることが出来なかったり、異常に気づけず先輩に指摘され青ざめることもあり...Σ(゚д゚lll)

一つうまくいかない事があると、何もかもうまくいかないようなジレンマに襲われました。

それでも、なんとかそれなりに独り立ちして、看護師として十数年間歩んできました;^_^A

辛い道のりでしたが、今まで頑張ってこれたのは、やはり患者さんとの関わりがあったからだと思います(*^_^*)

新人の頃は、よく患者さんに励まされていました。

新人の時は、取り柄といったら元気で明るい...ということくらいでしたが、落ち込む事もしょっちゅうありました( ;´Д`)

顔に出さないようにしていても、長年入院している患者さんには、分かってしまうようですね。

そうやって励まし見守ってくれた患者さんたちに、自分が出来ること...。

それは、常に患者さんの気持ちに寄り添い、辛い入院生活をいくらでも快適に過ごしてもらう事、と思っています(*^_^*)

患者さんの笑顔が見れた時は、ほんとに嬉しく思います。

もうダメかも...と言われていた患者さんに一生懸命看護をして、自分の無力さを感じることもあります。

しかし、
「あんたの笑顔で元気になれるよ、ありがとう」
と言ってもらえた時は、心の底から看護師になって良かったなって思いますねp(^_^)q

看護師の仕事に慣れても、初心を忘れることなくこの先も頑張っていきたいなって思いますね(*^_^*)

2014年2月12日|